ハードディスクのフォーマット方法

市販のハードディスクを使うためにはフォーマットをしなければなりませんが、フォーマットって何?っていう方も多いでしょう。

今回はハードディスクのフォーマットについて具体的にお伝えしようと思います。

みなさんは「ISO9660」というのを見たことがあるでしょうか?。
こんな数字の羅列、みたとしても忘れてしまいますよね。

これはCD-Rにデータを書き込むと表示されますが、これはデータ用CD-ROMのファイルシステムの規格です。

ファイルシステムはファイルのサイズや名前の一覧を記録する場所を決めたもので、フォーマットとはハードディスクに使用するOSのファイルシステムを組み込む作業となります。

ハードディスクはOSによってフォーマットの形式が変わるので、それぞれ、各自でフォーマットする必要があるわけです。

あらかじめフォーマット済みというのもあるのですが、古いOSだと使えない新しい形式であったり、古い形式でフォーマットされている場合など使用できないこともあります。

形式に関しては一長一短なので、もしおもちのものが両方使えるOSならどちらでもかまいません。

ただし、OSや形式によっては、「容量の壁」と呼ばれる、OSが一定以上の容量を認識しない現象も生じることがありますので、OSとフォーマット形式の関係を覚えておくといいでしょう

現在は、最大で2TBの壁と、WindowsXPやWindows2000に137GBの壁があります。

また、現在使用中のハードディスクをフォーマットしたい場合、そのままではフォーマットできないので、一旦電源を切り、別の起動用ディスクから起動してハードディスクをフォーマット、OSを再インストールしてください。

フォーマットしたハードディスクのデータは全て消えてしまうので、重要なデータなどはあらかじめバックアップを取っておいてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。