ハードディスクの容量がどんどん足りなくなってきた時には

パソコンを長く利用していると、ハードディスクの容量がどんどん足りなくなっていきます。

これはいくら不要なファイルを整理していってもいずれはハードディスクの空き容量も限界に近づいてきます。

大容量のハードディスクは購入したがディスクの交換はめんどくさい。そろそろこまめにバックアップを取っておきたいということでしたら今のディスクをそのままにして新しいディスクを追加してしまいましょう。

これを増設と言いますが、増設できるハードディスク、及びCD、DVDドライブ等の総数には限度があることをまず理解してください。

自分のパソコンをマニュアルなどで確認したうえで、内蔵、外付けを決定することが大切です。

内蔵型は場所をとりませんが、ジャンパの設定などがあったり、増設用の空きベイとサイズの合わない場合には取り付けられないといった欠点もあります。

外付けのハードディスクは内蔵型の入らない小さなものやノートパソコンにも増設可能というメリットがあります。

ただし、外に置くので場所をとる上、専用のインターフェースがないパソコンには増設できません。

そして次に増設するディスクの容量を決めます。
費用のことを考えると今は5千円〜2万円あたりで十分だと思いますよ。

動画などをよく扱われる方で大容量のハードディスクが必要であれば、1TB(テラバイト)以上のものも増えてきました。

その後は購入したハードディスクを取り付けるということになるのですが、内蔵型にはBIOSの制限が、また「容量の壁」と呼ばれる内蔵型、外付け型の両方でOSのファイルシステムによる容量の限界があります

古いOSを使っている場合は十分注意して下さいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。