ハードディスクの容量がどんどん足りなくなってきた時には

パソコンを長く利用していると、ハードディスクの容量がどんどん足りなくなっていきます。

これはいくら不要なファイルを整理していってもいずれはハードディスクの空き容量も限界に近づいてきます。

大容量のハードディスクは購入したがディスクの交換はめんどくさい。そろそろこまめにバックアップを取っておきたいということでしたら今のディスクをそのままにして新しいディスクを追加してしまいましょう。

これを増設と言いますが、増設できるハードディスク、及びCD、DVDドライブ等の総数には限度があることをまず理解してください。

自分のパソコンをマニュアルなどで確認したうえで、内蔵、外付けを決定することが大切です。

内蔵型は場所をとりませんが、ジャンパの設定などがあったり、増設用の空きベイとサイズの合わない場合には取り付けられないといった欠点もあります。

外付けのハードディスクは内蔵型の入らない小さなものやノートパソコンにも増設可能というメリットがあります。

ただし、外に置くので場所をとる上、専用のインターフェースがないパソコンには増設できません。

そして次に増設するディスクの容量を決めます。
費用のことを考えると今は5千円〜2万円あたりで十分だと思いますよ。

動画などをよく扱われる方で大容量のハードディスクが必要であれば、1TB(テラバイト)以上のものも増えてきました。

その後は購入したハードディスクを取り付けるということになるのですが、内蔵型にはBIOSの制限が、また「容量の壁」と呼ばれる内蔵型、外付け型の両方でOSのファイルシステムによる容量の限界があります

古いOSを使っている場合は十分注意して下さいね。

スポンサードリンク


パソコンウイルスのタイプと種類

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)とは、パソコンのデータを壊したり、プログラムを書き換えたり、パソコンが起動できなくなるようにしたりする悪質で厄介なプログラムのことということは以前にお伝えしたと思います。

パソコンウイルスは、大きく分けてファイルに感染するパソコンウイルスと、感染しないパソコンウイルスとの2つに分けられます。

感染するパソコンウイルスは、意図的にプログラムやデータベースに対して何らかの被害を及ぼすことを目的として作られたプログラムです。その種類を簡単に説明しますと・・・・

「ファイル感染型」
アプリケーションなどの実行型ファイルに感染するパソコンウィルスのことをいいます。

「システム領域感染型」
パソコンのOSなどシステム領域に感染するウィルスです。

「複合感染型」
ファイル感染型とシステム領域感染型の両方の性質を持つウィルスです。

「マクロ型」
アプリケーションソフトで作成する文書ファイルに直接感染するウィルスです。


そして、ファイルに感染しないパソコンウイルスは、「自己増殖しないタイプ」と「自己増殖するタイプ」の2種類に分かれます。

「トロイの木馬型」
実行されるまでファイルに潜み、実行されると直接的な破壊活動を行うウィルスです。他のファイルに感染したり自己増殖はせず、「ウイルス駆除ツール」を装った悪質なトロイの木馬も発見されています。

「ワーム型」
E-mailをはじめ、ネットワークを介して自己増殖して感染を拡大していくパソコンウィルスです。

パソコンウイルスのタイプと種類を把握することによって、その防衛方法を考える判断材料になるのではないでしょうか。



スポンサードリンク


パソコンウイルスは、大きく分けてファイルに感染するパソコンウイルスと、感染しないパソコンウイルスとの2つに分けられます

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)とは、パソコンのデータを壊したり、プログラムを書き換えたり、パソコンが起動できなくなるようにしたりする悪質で厄介なプログラムのことということは以前にお伝えしたと思います。

パソコンウイルスは、大きく分けてファイルに感染するパソコンウイルスと、感染しないパソコンウイルスとの2つに分けられます。

感染するパソコンウイルスは、意図的にプログラムやデータベースに対して何らかの被害を及ぼすことを目的として作られたプログラムです。その種類を簡単に説明しますと・・・・

「ファイル感染型」
アプリケーションなどの実行型ファイルに感染するパソコンウィルスのことをいいます。

「システム領域感染型」
パソコンのOSなどシステム領域に感染するウィルスです。

「複合感染型」
ファイル感染型とシステム領域感染型の両方の性質を持つウィルスです。

「マクロ型」
アプリケーションソフトで作成する文書ファイルに直接感染するウィルスです。


そして、ファイルに感染しないパソコンウイルスは、「自己増殖しないタイプ」と「自己増殖するタイプ」の2種類に分かれます。

「トロイの木馬型」
実行されるまでファイルに潜み、実行されると直接的な破壊活動を行うウィルスです。他のファイルに感染したり自己増殖はせず、「ウイルス駆除ツール」を装った悪質なトロイの木馬も発見されています。

「ワーム型」
E-mailをはじめ、ネットワークを介して自己増殖して感染を拡大していくパソコンウィルスです。

パソコンウイルスのタイプと種類を把握することによって、その防衛方法を考える判断材料になるのではないでしょうか。


パソコンウイルス対策は

今回はパソコンを使用する上で必要なウイルス対策について説明します。本当にみなさんは自分だけは大丈夫、自分だけはウイルスにかからないぞって思われている方が非常に多いですから、今回の内容もよく理解して、必ずその対策を講じてくださいね。

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)とは、パソコンのデータを壊したり、プログラムを書き換えたり、パソコンが起動できなくなるようにしたりする悪質なプログラムのことをいいます。

インターネットの普及によって、以前は、悪質な者がパソコンの破壊目的でしたが、感染したパソコンをハイジャックして仕掛けた側のインターネット広告を強制表示させ金銭を奪ったり、偽の情報を強制表示してお金やクレジットカード番号果やネット上のIDやパスワードを盗みだすといったパソコンウイルス(コンピューターウイルス)が主流になってきました。

このような犯罪は、結構本人が気付かないうちに盗み出されたり、使用されたりしてることが多いのです。

こうしたパソコンウイルスの感染を防ぐ一番有効な対策方法は、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することです。

最新のウイルス対策ソフトウェアをパソコンに入れておけば、パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染することを防ぐことができます。

そしてその他にパソコンウイルス対策として有効なのは、OSがWindowsの場合のセキュリティ対策は、WindowsUpdateをこまめに行なうこととなるでしょう。

そしてインターネット・エクスプローラを最新版にすることや、Office製品を最新版にするなどです。

こうした対策を行っていないと、簡単にウィルスに感染し発病してしまいます。

他人にクレジットカードの情報を盗まれて買い物をされ、自分に高額な請求が来たり、 インターネットバンキングを行っている場合、知らない間に口座から現金を引き落とされてしまったり、自分のパソコンを経由して他のコンピュータに攻撃をかけられ、攻撃をかけられた企業や個人から損害賠償を求められる被害が発生したりということにもなりかねません。


このような対策をとっていないと、簡単にウイルスに感染してしまいます。
ちょうど、あなたの家で玄関に現金をそのまま置いて、ドアも閉めずに外出しているイメージです。
そんな家(パソコン)に泥棒(ウイルス)は間違いなく侵入し、お金を取っていくでしょう!!

気をつけてくださいね。



スポンサードリンク


パソコンウイルスに感染すると自分だけの問題ではなくなります

ウイルスの恐怖は十分わかっていただいたと思うのですが、もし、ウイルスに感染したとして自分だけが被害にあうのだから・・・ではすみません。

パソコンを使用してメールしたり、いろいろなものを調べたりしていると、どうしてもウイルスの危険がつきまといます。これは残念ながら仕方がないことなのです。

ただこれは自分だけの問題ではなく、例えばワームというものにはコピーをメールし続けて範囲を拡大させる性質があります。気がついたら自分が加害者になってしまった、ということにもなりかねません。

そうならないためにも、ウイルスはいつどのような方法で入り込むかわからないので、十分な知識で対応していくしかないのです。

まず最低限のマナーとして、自分のパソコンからの感染拡大を防ぐためにウイルス対策ソフトを必ず入れておきましょう。これだけでかなりのウイルスを防げますし、定期的に更新することでウイルスの進入を抑え続けることができます。

ただし、何度も言いますが更新をしなければ意味がないので必ず更新してくださいね。何年も前のソフトを入れているから安心です!なんて言わないように。

基本的にはこれでほぼ問題はありませんが、ウイルスの定義は新しいウイルスが出るたびに更新されるので、定義にない新種のウイルスには対応できません。なので不信なファイルやサイトには絶対に近づかないようにしましょう。

ウイルスの製作者はあの手この手で感染させようとしてきます。

先述したワームのように、メールに添付させてファイルを開かせるものや、エクセルのマクロなど、よく使われるソフトに忍ばせてある場合もあります。

特にビジネス用のパソコンはハッカー(ウィルス等を送り込む悪質な人を特にクラッカーと呼びます)に狙われやすいため、万一感染してしまうとマナー違反どころか会社の損失にもなってしまいます。
会社のパソコンに入っている重要な情報が漏れること、ばらまかれることがあるのです。

ウイルスのみならず、様々な罠がインターネットにはありますので、自分が加害者にならないようマナーを守って慎重に利用しましょう。

自分だけだから、しかたがないってあきらめる、わけにはいかないのです。自分のパソコンにあるメールアドレスに勝手に悪質なワームを、あなたの名前で送ったりするのです。そうなると完全なる加害者です。

ルール、マナーを必ず守って、楽しいパソコンライフを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク


パソコンウイルスとは?

初心者のみなさんがパソコンを始めるにあたってまず知っておきたいことの一つにウイルス対策があります。これは非常に大事で、このことを知らなければ、いろいろな被害にあいます。必要以上に恐れることはないのですが、少なくとも知っておくべきことはお伝えしますね。

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)とは、プログラミングなど自分の力を誇示したいなどの理由で、パソコンのデータを壊したり、パソコンが起動できなくなるようにしたりする悪質なプログラムです。

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)は、興味をひくような件名の電子メールに添付されていたり、意図的に仕掛けを施されたホーム ページなどから、ユーザー(使用者)に気づかれないようにパソコンに送り込まれます。

パソコンウイルスが進入したパソコンは、ハードディスク内のデータを壊したり、プログラムを書き換えたり、外部からコンピューターを勝手に操作できるようにしたり、システムを不安定にさせたりなどの症状をひき起こし、最悪の場合パソコンが壊れてしまいます。

パソコンウイルスの感染源として代表的なのが、
1.メールのやりとり
2.インターネット上からのいろいろなファイルのダウンロード
3.ほかのコンピュータとのデータの共有
4.フラッシュメモリーやCD等でのデータのやりとり等 があります。

パソコンウイルスに感染しないためには、不信なメールを絶対表示しない、素性のわからないホーム ページを開かないなどの方法がありますが、一番有効な対策方法は、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することです。

最新のウイルス対策ソフトウェアをパソコンに入れておけば、パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染することを防ぐことができます。

ウイルス対策ソフトウェアは、ただダウンロードしているだけではだめです。常に新しいデータに更新しておくことが肝心です。

これから徐々にパソコンウイルスについて勉強し、知識を増やしてしっかりと対策しましょう。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。