パソコンウイルスソフト比較ガイド

パソコンウイルスの怖さについてはよくお分かりいただけたと思います。では、パソコンウイルスから自分や他人を守るために何をすればいいのでしょうか。

今回は、巷に溢れるいろいろなパソコンウイルス対策ソフトについて詳しくご案内します。

インターネットに接続している場合、パソコンウィルス(コンピューターウイルス)の被害からパソコンを守り、他の人のパソコンへウィルスを広めない為にも、パソコンにはウィルス対策ソフトをインストールしておくことが必須です。

まず一番有名ではないでしょうか、代表的なウィルス対策ソフトとしてはトレンドマイクロのウィルスバスターリアルセキュリティ。有料版のみです。知名度の高さから企業での採用率も高いのですが、バージョンを上げるとコンピュータが応答しなくなるなどの一時的な問題が発生したことがあります。信頼感は今一つといわれる専門家の方もいます。

シマンテックのNorton Internet Security 。ウイルスバスターとともに日本では知名度で他を圧していて、ユーザーも多いです。

以前は年ごとにソフト自体が大きく膨れ上がり、高速なCPUと容量の多いメモリを必要とするなど動作が重い傾向にありました。しかし2007年版以降にそのデメリットが解消され、動作が軽くなっています。

Macintosh用アンチウイルスソフトでは世界トップシェアです。

マカフィー・ウイルススキャン (マカフィー株式会社) 。有料のみ。ワーム系のウイルスに強いとされています。メールなどを主によく使用される方にはいいかもしれません。

企業採用では世界トップシェア。


この他に、無料で利用できるAVG Anti-Virusやavast! antivirus。

ウイルスセキュリティZEROなど年次更新料不要の低価格帯ソフトも登場しています。

ウィルス対策ソフトをインストールしておけば、届いたメールや、ファイルをチェックしてくれますので感染を未然に防ぐことができます。ウィルス対策ソフトをインストールした後も、更新を欠かさないことが大切です。

ウイルスはハッカーによって日々新しいものが増えてきています。それを防止するためには、1度っきりインストールすればいいのではなく、絶えず最新の情報を得て、それに対応できる状態にしておくことが非常に大切です。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。