パソコンのバックアップに便利なフリーソフト

パソコンの急なトラブルが起こると、大切なデータをすべて消失してしまうことになります。そうならないために、すぐにでもバックアップをしておきましょう。

パソコンバックアップのソフトには、統合型から単機能型まで、有料無料含めて100種類以上あります。

フリーでも実用に耐えられるバックアップソフトがでています。

いくつかを紹介します。
☆ミラーフォルダにバックアップをとるフリーソフト。
「RealSync」(フォルダ同期のバックアップソフト)
2つのフォルダをミラーして同一内容にするバックアップソフト。

ミラーフォルダを設定して、更新ボタンを押すだけでOKです。

「BackupF2F」(コピーと同期を一括で行うバックアップツール)
これは自分で好きなフォルダ、データを設定しそれをバックアップしてくれるものですが、差分(変更のあったものや、元データと違うもの)バックアップなども出来、非常に便利かつ高速です。

もちろんミラーリングも出来ます。

バックアップパターンをいくつでも作れるので、自分で好きなジョブを好きなときにバックアップすることができます。


☆リムーバブルメディアへの丸ごとバックアップソフト。
 ※本体のHDD以上の容量の外付けHDDが必要になります。

「DriveMirror」
フォルダ、ディレクトリ、ファイル等をドラッグ&ドロップで簡単に選択できて、拡張子ごとにフォルダを作成するファイル振分け機能がついています。

「CopyFileTK.exe」
ファイルのタイムスタンプを利用して、差分コピー&削除を行うバックアップソフト。


これぐらいが使いやすいと思いますのでぜひ検討してみてください。

パソコンのバックアップをHDDでするということ

バックアップは重要です。本当に重要です。
めんどうだから!
わたしのは大丈夫!
そう思わずに絶対してください。

本当にデーターがなくなってからでは遅いですから。
そしてそのバックアップの一つの方法をお伝えします。

ハードディスクドライブ (Hard disk drive) は、情報を記録、または読み出す記憶装置です。
英語表記から HDD とも略されます。

パソコンを使っていると、データーがどんどん蓄積されハードディスク(HDD)の容量が足りなくなってきます。

HDDはパソコンの部品の中で最も壊れやすく、長く使用しているとデータを読み込めなくなってしまいます。そうなる前にHDDのバックアップをとっておくことが重要です。

パソコンバックアップをHDDで行うには、外付けのHDDを使ってバックアップを行うと便利です。

外付けHDDは年々記憶容量がめまぐるしく大きくなっていて、携帯に便利な小型のHDDも出回るようになって来ました。

外付けHDDを選ぶ場合の容量は、文章作成など、さほど容量を食わないデータであれば100GBほどで十分でしょうし逆に、動画などの大容量のファイルを保存、編集するのなら300GB前後は必要になります。

価格は、1万円〜2万円あたりが容量も比較的多くお買い得になっているようです。聞き慣れないかもしれませんが「バッファロー」、「IODATA」「ロジテック」の3社が日本のHDDの大手メーカーです。

この3社であればほぼ問題ないと思います。

いちばん簡単なバックアップ方法だと思います。
ぜひ検討くださいね♪


パソコンのバックアップをDVD-Rでするということ

パソコンの急なトラブルが起こると、家族の思い出の写真、また日記や仕事の大事な文書お気に入りに残していたサイトのURLなどのデータをすべて消失してしまいます。

こうならないために行うのが、パソコンデータのバックアップです。

パソコンの「バックアップ」とは、データの写しを他に記憶保存しておくことです。「バックアップ」は毎日、必要ともいわれています。

企業では業務に定期的な「バックアップ」も義務づけられています。

バックアップの重要性は何度もお伝えしたかと思います。
しつこいぐらいに

「バックアップ」の媒体としては、データの量にもよりますが、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、MO、USBメモリーなどの記録メディア、また、インターネットディスクサービスなどが一般的です。

一般的なパソコンには、少なくとも1台のハードディスクが内蔵されており、OSを含む様々なデータやソフトを保存しています。

パソコンのバックアップとは、このハードディスクのバックアップを意味します。

ハードディスクのバックアップには、記憶容量の大きい、外付けハードディスクなどが適しています。

DVD-Rは4.7GBの容量があるので動画などのサイズの大きいファイルを保存するのに適しています。

DVD-Rはハードディスクまるごとのバックアップは無理でも、大切なデ文書データやどうしても失くしたくない動画など、保存しておくデータを選んでバックアップすることが出来る容量です。

ただしDVD-Rはデータの書き込まれた部分に少しでも傷が入ると、読み込めなくなったりするリスクもあります。

そのリスクを充分に理解して使用するようにしましょう。

パソコンをバックアップするおすすめソフトは

まずは、実際にあったわたしの友人の話をしましょう。
その友人、めんどくさがりで、デジカメで撮った家族の写真を1枚もプリントアウトもバックアップもしていなかったそうです。

そして、急なトラブルに見舞われて、すべてなくしてしまったのです。何年かたった今でも家族中から非難されているそうです。

どうですか、あなたもわたしの友人のようになりたくなかったら、よ〜く読んでいただいてしっかりと実行してくださいね。

今もお伝えしたように、パソコンの急なトラブルが起こると、これまで貯めていた家族との思い出の写真や仕事の大事な文書などの大切なデータをすべて消失してしまうことになります。

そうならないために、すぐにでもバックアップをしておきましょう。そうです、今すぐです♪

一般的なパソコンには、少なくとも1台のハードディスクが内蔵されており、OSを含む様々なデータやソフトを保存しています。

パソコンのバックアップは、このハードディスクのバックアップを意味します。外付けハードディスクなどにハードディスクに保存されている全データを丸ごとバックアップするためには専用のソフトが必要になります。

通常、外付けハードディスクを購入するとソフトは付属で付いています。

パソコンのバックアップソフトとしては、ソースネクストが販売しているバックアップソフト『Acronis TrueImage Personal』がお勧めです。

「アクロニス トゥルーイメージ」の特徴は、税込みで1,980円という超低価格にあります。

Acronis社は、この分野で定評のある会社なので、低価格でも安心です。

次に、他の作業をしながら、しかも高速にバックアップできます。また操作もウィザードに沿って進むだけなので、とても簡単です。
初心者の方でも理解できると思います。

また、パソコン周辺機器メーカーバッファロー社の外付けハードディスク「HD-HESU2シリーズ」には、「Acronis TrueImage LE」が添付されているので、この添付ソフトウェアを利用して、定期的なバックアップや万が一の場合のシステム復旧などを容易に行うことが出来ます。

このようなソフトを使ってバックアップしてくださいね。
ソフトがいいのがなかった、バックアップの方法を知らなかったでは、データーを失ったときの代償があまりにも大きすぎますよ、ご注意くださいね。

リカバリーディスクを作りましょう

リカバリーって何?
多くの初心者の方がそう思うでしょうね。わたしもわかりませんでした。なんとなく感覚ではわかるのですが、実際にその作業をしなければいけないとなった時、もう何がなんだかわからなくなりました。

そうならないためにも、ゆっくりと正しくリカバリーについて理解してくださいね。

リカバリーとは、パソコンを購入したときの状態に戻す作業のことです。

パソコンのトラブルが発生した場合や調子が悪いときに、リカバリCDを使って、購入したときの状態に戻すことをリカバリといいます。

メーカー製のパソコンには一般的に、リカバリCDと呼ばれるCD−ROMが付属しています。このCDにはOSやアプリケーションなどが入っており、そのすべてを購入時の状態に戻すことができます。

このCDやDVDをリカバリーディスクといいます。

しかし、このディスクはパソコンを買ったときの状態に戻すだけです。

パソコンを買った直後は、自分でいろいろ設定します。

購入時のリカバリーディスクを使ったリカバリーでは、それらをすべて1からやり直すことになります。

それはかなり手間です。涙が出るほどの・・・・・。
思い出してください、メールの設定や、お気に入りなどの設定、各種のインストールしたソフト類、そのすべてを再度設定しなければならないのです。

自分のパソコンの環境のバックアップ「MYリカバリーディスク」を作って、パソコンの動作不良が起きたときに備えましょう。

市販のソフトを使うと、バックアップデータをCDRや別パーテーションのハードディスク・ネットワーク上の別パソコンのハードディスクなどに、バックアップデータとして作成できます。

このバックアップデータは、パソコンの起動ディスク(通常はCドライブです。)をまるごと圧縮したデータのことです。

OSやアプリケーションソフト、メールの設定やメール自身、お気に入りなど、すべてのデータをバックアップしておくことができます。

「MYリカバリーディスク」を作成することによって、パソコンの動作不良が起きたときに備えることが出来ます。

わたしにはそんなトラブルは絶対起きません!!っていっているあなた!!
明日泣いているかもしれませんよ。そのようにならないためにも、絶対にMYリカバリーディスク作成してくださいね。



パソコンのバックアップの方法

では具体的にバックアップをする方法についてお伝えします。

パソコンの「バックアップ」とは、作成したデータのコピーを他に記憶保存しておく作業のパソコン用語ということは以前にお伝えしましたね。

大切なデータを誤動作により消してしまった、などトラブルが起きてからでは手遅れです。このことも以前にもお伝えしましたが、大変重要なことなので再度お伝えします。

そこで、いざと言うときのために、パソコン以外に保存しておくことが必要です。「バックアップ先」と呼ばれる媒体は、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、MO、USBメモリーなどの記録メディア、バックアップソフトや、また最近では、インターネットディスクサービスなどさまざまなものがあります。

実際にCD-RやDVD-Rは何度でも書き込めるといったメリットがあり1番手軽ですが、データの書き込まれた部分に少しでも傷が入ると読み込めなくなったりというデメリットもあります。

そこで一番おすすめなのが「外付けハードディスク」です。

故障のしにくさでいえば、USBメモリやシリコンディスクのほうが良いのですが、容量単価がまだ高すぎて、その点「外付けハードディスク」は容量単価が安く、書込みも高速です。

パソコンのハードディスクと「外付けハードディスク」が同時故障することは稀で、より安全を重視するなら定期的にディスクを交換するという方法もあります。

データの量によりますが、ファイルやフォルダを選択してバックアップする方法と、OSをまるごとバックアップする方法があります。

後者は時間がかかりますが、壁画やアイコン、スクリーンセーバーなど細かい設定をすべて復元できます。

一度、ネットで外付けハードディスクで検索してみてくださいね。結構安価で販売されていますよ。

パソコンのバックアップの重要性

パソコンを使い始めた初心者にとって「パソコンのバックアップ」は重要だ!といわれても何のことだかわかりませんよね。
今回は、そのバックアップについて、説明します。


パソコンの「バックアップ」とは、データの写しを他に記憶保存しておくことのパソコン用語です。

パソコンの故障、コンピュータウイルス感染や、また、大切なデータを誤動作により消してしまった、など、トラブルが起こってからでは手遅れです。
そこで、パソコン以外に保存しておくことが必要で、「バックアップ」は毎日、必要ともいわれています。

企業では業務に定期的な「バックアップ」も義務づけられており、また、大掛かりなシステム変更の前にも、移行時のトラブルによるデータの消失に備えています。

最近のOSでは、システムの安定性保持のために、定期的・自動的に「バックアップ」しているものが増えています。

「バックアップ」をするための方法としては、データの量にもよりますが、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、MO、USBメモリーなどの記録メディア、また、インターネットディスクサービスなどがあります。実際に1番手軽なCD-RとDVD-Rの大きな違いは、CD-Rには650MBと700MBのものがあり、文書などのデータであればかなりの量を保存できます。

またDVD-Rは4.7GBの容量があるので動画などのサイズの大きいファイルを保存するのに適しています。ただしCD-RやDVD-Rはデータの書き込まれた部分に少しでも傷が入ると、読み込めなくなったりするリスクもあるので、本当のトラブル阻止のため「バックアップ」をするべきでしょう。

今回、バックアップとはからはじまり、簡単なバックアップの手段について説明しましたが、バックアップの重要性について理解いただきましたでしょうか。まずは、「わたしには関係のないこと」ですまさないようにというメッセージでした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。